« 2006年10月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月15日 (日)

単身赴任

私の弟は商社マンで、この春、中国南部へ転勤となりました。
昨年、14年ぶりに地元に戻ってきたばかりで、やっと生活が落ち着いたかなという時でした。
弟たちは2人暮らしですが、今回は赴任先の状況から単身赴任を選択しました。

私も、過去に3年間の国内での留守家族体験をしていますので、
弟たちが今行き当たっている健康上の心配や、選択についての揺らぎなどについて、
昨日のことのように思い出され、わが事のように感じてしまいます。

このように転勤とは、サラリーマン本人と家族だけではなく、
その親や兄弟たち、まわりの人にも何らかの気持ちの波を送ってくるものだと思います。

「春は出会いと別れの季節」という使い古されたような表現の中に、
さまざまな出来事が詰まっているようです。
だからこそ、変わらず咲く花々がより愛おしく美しく映るのかもしれません。

弟たちが揃って、花を楽しめる春の来ることを願っています。

                      恵子

| | コメント (0)

2007年4月11日 (水)

❀日本の春に思うこと❀

この時期になると、私はいかに多くの会に所属しているのかを身にしみて感じます。 歓送迎会が目白押しなので・・・。 今の私はそれぞれのグループに結構浸って活動しており、とても充実しています。 何よりメンバーの力に大いに支えられており、物ではなく人の力の素晴しさを実感しています。 人に関わる仕事をしている私にとって、これはとても大きな原動力になっています。 ありがたいことです。 本日、認知症のグループで戦争を体験した方々から「今を生きている感謝」を教えられました。 「朝起きて目を開ける、ああ今日も生きていた!ありがとう。」 桜を愛でることのできるこの平和な日本で、私たちは今日も生かされているのです。 とても、ありがたいことなのです。 ❀弥生❀

| | コメント (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2007年5月 »