« 謹賀新年 | トップページ | 昇段審査 パート2 »

2008年1月18日 (金)

武道ワークショップに参加して

私は先週末の3連休、河田病院で開催された日野晃さんのワークショップに参加しました。
岡山県現代舞踊連盟が主催し、全国から70人余りの人たちが集まり3日間を過ごしました。
武道という手法と身体塾3時間と表現塾3時間の6時間を3日間、延べ18時間という時間枠に戸惑う人もいましたが、
実際には、驚きと集中で、あっという間に時が過ぎました。
自分の身体感覚を研ぎ澄ます貴重な体験で、ダンスセラピーに共通するものが多かっので、少し内容をお知らせします。
実際には、今後のダンスセラピーワークショップの中で取り入れて皆さんに紹介したいと思いますので、お楽しみに!   弥生

「武道は究極の表現形態であり、リアルな身体そのものだ。表現はどこで成立するのか?
それは意思の見える身体と観客との対峙です。決して動きだけではありません。」   (日野 晃)

 身体塾(「身体を繋げる」ワーク)
  「身体は感受性豊かで、美しく、力強い、そしてしなやかな動きがある事を知る」
「武術は相手との相互関係で成り立っている。そこで相手を感じ取るということが重要である」
  「相手の身体に触れていると、相手が動き出そうと思った瞬間、わずかに筋肉に刺激が走るのを感じ取ることができる」
 表現塾(「相手とコネクトする」ワーク)
「自分の思っていること、自分の伝えたいこと、自分の表現したいことが、相手に伝わっているのか?
自分の頭の出来事を伝えるためには、まず相手とコネクトすることが必要である」

|

« 謹賀新年 | トップページ | 昇段審査 パート2 »

コメント

こんばんわ★
このたびは、私のサイトの掲示板に、ワークショップのお知らせをありがとうございました。
また、こちらのメンバーの方々には、大会でも何度かお目にかかりお世話になっています。
それで、こちらに来てびっくりしました。
日野先生が、岡山でワークショップをすることは存じていたのですが、河田病院だったのですね!
私も2月3日には、日野先生の東京道場に行きます。
ダンスセラピーと近い分野として、コンタクト・インプロビゼーションの勉強をしていたのですが、この冬コンタクトを通して知り合ったニューヨークのダンサーに、日野先生を勧められました。
皆様方が岡山ワークショップで実感されたことを、フォーサイスのダンサーも見えるという東京道場に通いながら、感じてきたいと思っています。
私もご縁が有って、年に一度はこのところ岡山へ行っています。
その時はよろしければ立ち寄らせてくださいませ。

投稿: 貴船(認定ダンスセラピスト) | 2008年1月26日 (土) 00時24分

あ、それと・・・
書き忘れてしまいましたが・・・
このホームページのtopのお写真、私の故郷とも言える、京都の鞍馬から貴船へと下る道の「木の根の道」にとても似ているのですが、そうですか?
貴船=気生根
といって、気が大変感じられる道なんです(^_^)

投稿: 貴船(認定ダンスセラピスト) | 2008年1月26日 (土) 00時30分

コメントをありがとうございます。
岡山にお越しの際には、ぜひ、お立ち寄り下さい♪

トップページの写真は、ハワイの木です。
京都にも沢山素敵なところがあるのですね。
木の根の道に行ってみたいです☆

投稿: プロセス | 2008年1月26日 (土) 13時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 謹賀新年 | トップページ | 昇段審査 パート2 »