2009年5月28日 (木)

ソマティクス ワークショップ inアメリカ

Img_0768 ゴールデンウィークを利用して、ユタ州セント・ジョージという町で イースト・ウェスト ソマティクスのワークショップに参加してきました。

イースト・ウェスト ソマティクスはサンドラ・フレイリー先生が、『長年の舞踊教育や身体哲学の研究と、フェルデンクライシスやアレキサンダーテクニックの習得などご自身のさまざまな体験をもとに、構築されたダンスとヨガ、身体調整の理論』と簡単にまとめられると思います。

私たち"プロセス"のメンバーは、2002年から日本とアメリカで何度か指導をうけていまして、今回は川岸が参加してきました。

振り返ると、川岸にとっては今回のテーマは『つながる』がキーワードであったと思います。
今まで別々に体験したように感じていたソマティクスの理論や実践の勉強がつながり、アメリカの大きな自然とつながり、ワークやホームスティを通して現地の人たちとつながり、日本から一緒に参加したメンバーと新たな視点でつながることができたと感じています。

また郊外でのダンス・パフォーマンスや、ザイオン国立公園を歩くといったワークでは今までにないソマティクス・ダンスから、「今ここにある私」を強く意識することができ 自分と向き合えました。

こうした体験から学んだことが、自分の新しい可能性として生まれてくることを楽しみに日常生活を過ごしていきたいと考えています。

Img_0739 Img_0808

| | コメント (0)

2009年2月17日 (火)

岡山ワークショップ第一回目

岡山ワークショップ、第1回目お疲れ様でした。

いろんな出会いや発見がありましたね。

2009年は『心身の存在を味わう』というテーマで始めました。

その第1回、2月8日は『身体を感じること』の体験でしたが、やはり

「身体は自分を見つめ、そして人とつながる近道」であると再認識しました。

参加者の多くは人と関わる現場に居る方で、心身に興味をお持ちでしたが、

最初に皆さんが言葉で語る身体は、思考からの視点のような気がしました。

ところが、

それぞれが呼吸から身体を実感し始めると、様々なイメージや感性があふれてきました。

そして、

動き出した身体がペアで語り始め、4人から8人、12人と拡がっていき、最後には、

不思議な空間を創り出していました。

今日ここで初めて出会った人達が、自然に身を寄せ合い、居心地良さを味わっている。

私達の身体は、本来は可能性に満ちた柔軟な力をもっているのです。

現代社会は思考やシステムが優先して、身体や心を置き去りにしている気がします。

このワークショップの中で、社会適応し過ぎて疲れた心身を、もう一度見直して再生し、

新たなエネルギーを生み出す機会にして頂ければ幸いです。

弥生

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

秋祭り

  まだまだ夏のような先日、わが氏神様の秋祭りが執り行われました。

 朝のNHKニュースで取り上げられたので、ご覧になった方もあるかと思いますが、
 堺は「百舌鳥八幡宮のふとん太鼓」です。
 大きな赤いふとんを乗せた太鼓を大勢の男たちが担ぎ歩く、泉州の秋祭りです。
 泉州といえば岸和田のだんじりが全国的に有名かもしれませんが、
 私たちにとっては、何と言っても「お太鼓」!
 本来は田刈り(稲刈り)を前にして、その年の豊作を祝い、氏神さまに奉納する祭礼
  ですが、そこに、稲刈り作業への気合いれの意味も兼ねていたらしいです。
 このあたりは、水田やそのための貯水池が次々と宅地に変わり、
 あまりお金に縁の無かったわが町も
 そのお金で豪勢なお太鼓が買えるようになったのがつい30年前です。
 そして普段は天秤棒で肥えや作物を運ぶことの無くなった男たちが、
 年一度、太鼓を担ぐという、晴れのイベントだけに奮起しているように見えもします。
 ですからいまだに、一番活躍されるのは、実際に天秤棒を担いだことのある壮年、
 60歳代のお父さんというわけで、祭りの先を心配するのは私だけではないと思います。
 女性は、男たちの食事と洗濯の世話をしながら、
 まばゆく輝くお太鼓を共有しているのかもしれません。
 
 無事一年が過ごせたことを喜び、そして来る年も良い年でありますように・・・と祈る
 祭礼は大きなシンボルです。
 べーら べーら べらしょっしょい!!
              恵子

| | コメント (0)

2006年10月 5日 (木)

2006年度WSを終えて

☆4回のワークショップは、場所やリーダーや参加者どれをとっても

条件が定まっていなかったのに、何かしらひとつのテーマが浮かび
それが継続して、ワークの柱となっていたように感じられます。
それを、個々の人たちが、どのように受け止めて、表出したり抱えたりしながら
過ごしていたのか。
そこに他者との関わりから生まれた揺らぎは、どのような作用を果たしたのか。
体験して感じたり考えたことは、言葉でうまく表せないのですが、
あの時間・空間で起こったことすべてに感謝しつつ、それを冷静に見ていくことが
今後に繋がるセラピストの役割と思いました。☆     K

| | コメント (0)

2006年10月 1日 (日)

2006年度WS終了しました。

プロセス2006年度のワークショップが無事終了いたしました。

ご参加いただいた皆さま、応援くださった皆様、ありがとうございました。

多くのことを学ぶことができました。

来年も引き続き行います。

詳しくは、HPをご覧ください。 http://www.dt-process.org/workshop.html

| | コメント (0)

2006年9月 2日 (土)

秋ですね

今年もあっという間に9月。 DTWGプロセスの2006年度ワークショップも残り1回となりました。 9/30(土)に岡山会場にて行われます。 詳しくは、http://www.dt-process.org

秋らしく、ページデザインを変更してみました。

芸術の秋・食欲の秋・読書の秋・・・・。

9月の終わりに皆様とお会いできますのを楽しみにしています。 M

| | コメント (0)

2006年8月28日 (月)

大阪会場

8/27 大阪会場ワークショップが終了いたしました。ご参加いただいた皆様ありがとうございました。お疲れさまでした。

会場のココプラザ http://www.kokoplaza.net/ はとても素敵な会場でした。

恵子さん、ありがとうございました。

また、大阪でWSが開催できますことを楽しみにしています。M

| | コメント (0)

2006年7月21日 (金)

プロセス メンバー日記

皆さま、はじめまして。こんにちわ。

ダンスセラピー/ワーキンググループ “プロセス” (DTWGプロセス)です。

メンバーの日頃の思いを綴ります。

今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

DTWGプロセスのホームページはこちら→ http://www.dt-process.org

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

ダンスセラピー